右脳を鍛える方法

脳を科学する

ここでは、主に右脳と左脳についての話をしています。脳の働きにおいて、右脳や左脳によって司る働きが違うという研究がされています。一般的に、言語や論理を司る働きをしているのが左脳で、映像や音声を司る働きをしているのが右脳、という観念が広く知られています。この観念のもとになったのは、脳の一部である脳梁を切除したり、手術の際に脳に電気刺激を施して反応を観察するなどして得られた結果から推測された仮説が、広まったとされています。それらの仮説はいわゆる俗説であり、必ずしもそうであるとは言い切れない部分があり、脳は未だ未知の可能性を秘めています。とはいえ、脳専門医の中では、左脳と右脳といった脳における機能分布の違いを認める医師もいます。脳に関しては、医学というより、脳科学という分野の方が研究が進んでいるようです。脳科学はあくまでも機能や働きなどを研究する分野で脳の病気を治すこととは、切り離されています。脳の病気を治すのは、医学の分野です。