本を早く読む方法

速読術を身に着けるには?

速読術のやり方として、イメージや想像力を使って右脳を刺激しながら行っていきます。普段、人間が生活しているときは左脳を使って生活しているのですが、言葉で覚えようとするので、なかなか時間が掛ります。しかし、その時に右脳を活発に刺激すれば、イメージで沢山の物事を考えられるようになり、記憶力がアップするという方法です。

 

速読術のやり方を具体出来には、まず、脳をリラックスさせる事です。深く難しく考えるのではありません。あまり難しく考えていると、左脳が活発になって速読術のやり方とは違ってきます。また、忘れにくいイメージを持つ事も速読術のやり方では大切な事です。イメージするときに、なるべくインパクトのあるイメージをするのです。そすれば、次、そのイメージを復元させやすいからです。このように速読術のやり方を身につけて行けば、「試験前に徹夜をしたのに、あまり覚えてない」や「暗記は苦手」など苦労をしていた事が、随分、速読術で楽になると思います。

 

安達瑠依子 あだちるいこ

川村明宏のジニアス速読術

川村明宏という能力開発で著名な方がいます。川村明宏は記憶術や速読術などの研究をしており、その世界では第一人者といわれています。ただ経歴や学歴など不透明な部分もあり、謎が多い人物です。速読の分野では、ジニアス速読術という教材を監修しています。ジニアス速読術は、簡単なトレーニングで、本が速く読めるようになるのです。眼球のトレーニングにより、文字を追うスピードが上がるという方法のようです。右脳を使った速読術やフォトリーディングとは、異なるようです。ジニアス速読術のような方法で本を読むと眼筋のトレーニングになるので、視力が回復したり、動体視力が上がったりするそうです。右脳を鍛えたいという人には、ジニアス速読術は、向いていないかもしれません。速読術には、いろいろな方法があります。ジニアス速読術の他にも試してみるのもいいでしょう。

ジニアススタディで学習効率アップ

ジニアススタディも川村明宏が監修した教材になります。このジニアススタディは、記憶術と速読術を合わせたような教材で、参考書やテキストを速く読んだり、暗記力をアップするという効果が得られる教材です。大学受験や資格試験の合格を目指している人に向いています。学習効率を上げたい方には、川村明宏のジニアススタディがお勧めです。ジニアススタディーもジニアス速読術と同じような簡単なトレーニングをします。本が速く読めて、記憶力もよくなる、頭の回転が速くなるので、答案を書くスピードも上がるでしょう。このような能力はビジネスにおいても有効に活用できます。川村明宏のジニアススタディでトレーニングをして、速読や記憶力の能力を高めましょう。

速読で視力回復できるのか

ジニアス速読術を監修した川村明宏によれば、速読のトレーニングの副産物として、視力回復が期待できるという話です。もちろん、視力の悪化には、眼病など様々な原因があるので、すべての人の視力が回復するとは言えないが、眼筋が衰えて視力が落ちている人には、効果があるでしょう。その原理を利用して考案されたのがジニアスeyeという教材です。ジニアスeyeは、視力回復のためのトレーニング法をまとめたもので、インターネットで販売されています。日常生活やスポーツをやるときなど、視力が悪いと不便なことが多いし、メガネやコンタクトは面倒という人には、ジニアスeyeがお勧めです。眼筋を物理的に鍛えるというのは、視力回復において効果的なようです。速読を実践するときにも、眼が悪いと疲れますから、ついでにジニアスeyeでトレーニングするのもいいかもしれません。